忍者ブログ
ベビー用の日焼け止めを購入するお母さんが増えているのだそうです。赤ちゃんの肌はそもそも敏感なものですが、敏感なりに大人よりも健康というのが子供の肌。日焼けなどなんのそのというのが昔の子供でした。ところが昨今ではアトピーなど敏感肌の赤ちゃんも多くなり、ベビーのUV対策に悩んでいる、というのもよく聞く話です。「ベビーにも日焼け止めを」ではベビーの日焼け止め製品のご紹介や、UV対策のヒントなどご紹介しています。これからの季節、くれぐれも日焼け対策をお忘れ無く。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どちら派?? (tenki.jpより)
直接日差しを受けたのと同じように日焼けをするそうですね。 サングラスなどで、目を保護することが大事ですね。 大きさや色も様々でデザイン性も豊か。紫外線対策だけではなく、 ファッションの一部としても、かっこよくきめている人たちを街で見かけます。 美白命! ...
今日も暑いですね。

とうとう本格的に夏になっちゃいましたよ…
 
やれやれです。

多少は風があるので良いとして、結構むしむしするから汗が出ます。

なので、日焼けよりはむしろ脱水症状のほうが心配。

特にちっちゃなお子さんがいるご家庭ではご注意を。


イーモ女性専用夜行バス夜景のきれいなレストラン
PR

赤ちゃんの紫外線(UV)対策には気を付けて、という話は他のページでもしていますが、もう少し補足してみようと思います。

赤ちゃんの肌は、見ためだけではなく、実際にもかなり敏感です。わずかな刺激を受けるだけでも簡単に炎症を起こしてしまいます。こういった弱い肌に紫外線(UV)が及ぶと、あまり良い作用をしません。当然、赤ちゃんの紫外線(UV)対策も考えてあげなくてはなりません。
生まれてまもない赤ちゃんの皮膚が弱いのは、大人に比べ皮膚の層が薄く不完全だということに理由があります。一方、紫外線(UV)は浸透性が強く、大人でも長時間あびるとひどい炎症を起こします。もちろん赤ちゃんだったら、表面だけの日焼けではなくもっと深くまでその刺激が加わってしまいます。それは赤ちゃんの皮膚機能を壊す可能性にもつながります。

若いママたちはご存じないかも知れませんが、かつて日本では、母子手帳に「日光浴」という記載がありました。ビタミン剤のない昔、紫外線にビタミンDを合成するはたらきがあることを利用し、クル病予防などの、防疫的あるいは保健的な見地から「良い効果」と考えた推奨策だったのですが、現在ビタミンDも合成が可能となっており、紫外線は健康に寄与するより害が多いというのが通説となっています。(1998年に日光浴の記載は消滅)
戸外で元気良く遊ぶことは、幼い子どもにとって精神面、身体面の成長という面でとても重要なことですが、一方で幼少期からの紫外線(UV)対策も重要です。周りの大人はUV対策を十分に配慮したうえで、で元気に外で遊ばせることが大切です。

赤ちゃんの紫外線(UV)対策でポピュラーなものは、外出時にはつばの広い帽子をかぶり、長袖のシャツを羽織るといった日よけアイテムの使用。さらに日差しの強い時期には、紫外線(UV)防御効果の高い日焼け止め(サンスクリーン)をつけてあげましょう。

南半球のオーストラリアでは、国民のがんの半数が皮膚がんという状況ですが、政府は早くから紫外線(UV)対策に着手しています。その結果、子どもの施設や保育園では、紫外線(UV)対策が法的な義務になっています。
日本では未だに法制化など、官からの対策はありませんが、皮膚がん自体は増加しつつあります。幼いうちから紫外線(UV)対策を習慣化するよう指導していくことが大切だとおもうのですが、いかがでしょう。

■日焼け止めの種類wikipedia「サンスクリーン剤」より引用
日焼け止めは、大きくわけて「紫外線拡散剤」と「紫外線吸収剤」の二種類に分類できる。それぞれ名前の通り、拡散剤は紫外線を反射させ、吸収剤は紫外線を吸収し、肌に紫外線が届くのを防ぐ。SPF30~50の強い日焼け止めには主に吸収剤が使用されている。吸収剤は効果が強力なため、肌の弱い人が使うとアレルギー反応を起こし、かぶれる場合がある。

----------
お中元のアルバイト主婦の再就職

春から初夏にかけてもスキーやボードを楽しもう!という人にとって…あれが悩みです。

日焼けです。
強烈な光線が上空からふりそそぎ、雪面からは反射でこんがりと。
実際にはかなり汚く焼けてしまいます。orz

「こんがり」なら良いのですが。

神戸大VB、特殊な日焼け止め開発カプセル化活用、ロート製薬と組む
(日経ネット関西版より引用)
神戸大学発ベンチャーのスマート粒子創造工房(神戸市)はロート製薬と共同で、マイクロカプセル化技術を活用した日焼け止め化粧品を開発した。外径1~2マイクロ(100万分の1)メートルの微粒子に紫外線吸収剤を封入することで、べたつきがなく、におわない乳液状の製品に ...

日焼け止めは必需品です。
春スキーには。
といっても、完全に焼けをカットできるわけではなくて、なにもしないよりはずいぶんマシというところでしょうか。
 
なので、新製品の日焼け止めには期待したいところです。

ロートさん。いい日焼け止め作ってくださいな。

----
【PR】飲みやすい青汁飲む プラセンタ
日に日に春が近づいてくる気配を感じます。
2月に入ってから、暖かくなったり、また急に冷え込んだりを繰り返していますが、今日は、雨の湿気も手伝って暖かな日です。

しかし、日差しも日々強くなるのを感じています。
先日は一日クルマの運転をしていたのですが、夜になってお風呂に入ると右の首筋がヒリつきました。

なんだろうと思ってかがみを見ると、うっすらだけど赤くなっているみたい。そういえば、運転席の横窓から太陽光線が差し込んでいたな…ってそのとき気づきました。春一番より早く日焼けしたみたいです。

一足早い春のたより……
あまり嬉しくないですけどね。

ところで、管理人はスキーが大好き。春スキーはリフト代が半額以下になったりします。また、春休みの後は民宿もお客がいなくなるので、無料リフト券を「使ってねー♪」などと貸し出してくれたりもします。

で、調子にのって一日すべりまくり。
一人でお山に泊まりこむこともありますし、何人かでスキー行することもありますが、どっちにしても、手ひどく日焼けします。

そこで、必需品なのがサンスクリーンですが、カネボウのサンスクリーンブランド「ALLIE」から新製品リリースみたいですね。
この製品日頃から常用できるのがいいんですが、雪山ではノーマルなカット力のサンスクリーンはあまり役に立ちませんので、念のため。
---
カネボウ化粧品、「肌ストレスフリー」機能を強化したサンスクリーンブランド「ALLIE」から新商品を発売
マイライフ手帳@ニュース
さらに、UVカット効果を高めるため、紫外線A波(肌の奥深くまで到達し、長期的に浴びるとシミやシワなどの原因となる)の中でも特に長い波長までカットできる紫外線吸収剤を配合。ブランド誕生以来、高レベルで実現してきた“UVカット効果”に加え、“快適性”を一層向上 ...
---
【PR】ツタヤディスカス住み込みバイト

スキンケアにおいて重要なことの一つが化粧品選びです。化粧品は国産のものではダメ、輸入品のどこそこのブランドが…という人もいますが、日本の化粧品メーカーは世界でもトップクラスの開発力と商品力を誇っています。

子供時代に浴びた「紫外線」をリセット(J-CASTニュースより)

同時に、紫外線A波・B波に加えて、特に長い波長のA波も強力にブロックする日やけ止め用美容液「ベネフィーク UV-AA ディープ ブロックエッセンス」を発売する。メラニンがスムーズに排出されるよう「ディープUVブロック」成分を配合した。 価格はすべて、ノープリント ...

--------

これは資生堂の製品ですね。

薬用美白美容液資生堂「ベネフィーク EX ホワイトニングスコープ n(医薬部外品)」。2009年2月21日に発売だそうです。

資生堂の調査では、30歳代後半以降の女性が過ごした幼少期から学生時代は、紫外線が肌に与える悪影響についての認識が低かったことから、無防備に紫外線を浴びてきた人が多いとのこと。結果、「過去に浴びた紫外線(紫外線履歴)」が「加齢」に次いで多い肌の悩みとの結果が出たそうです。

確かに管理人も最近になるまで紫外線のことなんか気にしてはいませんでした。

スキーブームだった頃は毎年何週間もゲレンデでスキー三昧。あげくは春スキーに行っても適当に買い求めた日焼け止めをするくらい。夏になれば、毎週末は海水浴。せいぜい背中赤くなって痛かったり、肌の露出したところがほてるのでいので、カーマインローションを使うくらい。

中でも、芸能人に愛好家が多いことから流行した、バスフィッシングにはまったときは、随分と肌を痛めつけたはず。あのころは「UV?へっちゃら♪」って笑い飛ばしていたのですが、今になって思うと、若さゆえの傲慢でしたね…

過去に浴びた紫外線は、確実に肌の活力を破壊します。なので、吸収済みのUVをキャンセル出来るとしたら…

ちょっと凄いかも。

----

【PR】ツタヤディスカスランドセル選び方

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ベビーにも日焼け止めを Produced by sunburn
Designed by ガリンペイロ
忍者ブログ [PR]帽子 メイク